まったり島の日常

~Animal Ⅽrossing Loose Hide and seek~まったりブログ記事を書く学生です。主に、あつ森でテーマに沿ったものを撮影して、ブログ記事を書いています。目標:1か月に3つ!

あつ森 恐怖の王様ゲーム〜Animal Crossing King of horror game〜

本当に死にそうになった体験談はありますか"

どうも、おはこんばんにちは。

最近、凄い頻度で『悪夢』を見るようになった影猫ことSakutoだ。

今回は、『2人1組で記事制作企画』の第2弾は、俺 SakutoとTubasaがお送りするぜ。

今回は、俺達が話すのは今から約6年前の出来事のことだ。(今回は、俺とTubasaの体験談)

それでは、説明をどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     《Main characters and Description》

Tubasa/翼颯➩あつ森学園 高等部に通う1年生。

成績優秀で、クラスの評議員を務めていた。

"恐怖の王様ゲーム"でゆういつ生き残った参加者の1人。

 

Sakuto/朔斗➩あつ森学園 高等部に通う1年生。

かなり、大人しめな性格で全体的に一歩引いた所にいた存在。クラスの学級委員長。

"恐怖の王様ゲーム"でゆういつ生き残った参加者の1人。

 

                   《About the story》

平和に高校生活を過ごしていた主人公達。

ある日を境に、クラスメイトのブーケが学校に来なくなった。学校側は、『いじめ』があったのではないかと判断するが、ブーケの親が頑なに拒否している。

そして、2学期のある日の朝の出来事。

"王様"と名乗る人物から、謎のメールがクラス中に届いていた。

それも、主人公達だけのクラスだけに。

『誰かのイタズラだろ』と、半信半疑思っていて、面白がって命令を実行してしまう。

このことが、後に事件に繋がるとは知らずに___

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〜急ぎめの報告〜《俺 Sakuto視点》

f:id:Miruk:20210420183938j:image

Sakuto/朔斗『遅れてすみません…』

現在の時刻は、午後の5時頃。

俺は、今日会社で行った会議の反省をする為に、リモートワークで反省会を開いていた。

見ての通り、俺は高校卒業後に、すぐに家を出たので、まだ生活には慣れていなかった。

3年経った今も、中々生活に浸っていない。

俺が、チャットルームに入ると、既にメンバーは集まっていた。

上司『零月で最後かな?』←零月とは、俺の苗字

山田『そのようっすね。始めますかね。』

俺と、ほぼ同じ時期に入社した山田という男性は、俺より物覚えが良く、入社してから1年目でお墨付きを頂いている。

今では、山田なしではやって行けないんだとか。

社員『それでは、反省会をしましょう。』

俺は、椅子を座り直し気を引き締めて反省会に臨むことにした。∠(`・ω・´)

 

〜上司の失敗〜《Sakuto視点》

f:id:Miruk:20210420183945j:image

上司『そーいえば、この前の会議の時は焦ったなぁ…俺が、時間通りに部屋に入ったのに、誰もいなかったときのこと。時間を確認したら、この次の時間だった時よぉ…ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)アハハ』

そういえば、そんなこともあったような気がする。

山田『そういえば、そんなときありましたね〜ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)アハハ

…あの時、嶋山さんディスクの上にあった書類、忘れてなかったですか?』←嶋山とは俺の上司の名前

Sakuto/朔斗『んまぁ、嶋山さんらしいって言えばらしいですよね。≧(´▽`;)≦アハハハ・・・

そういえば、前にもありませんでしたっけ?』

俺は、色々な観点から上司のことを思い出させる。

社員『えぇ…さすがに、ド忘れにも程がありますよ…(´・ω・`)』

これには、社員一同が笑い出す。

そんな、楽しい反省会はあっという間に過ぎていった。

 

〜突然の来客〜《Sakuto視点》

f:id:Miruk:20210420183953j:image

会議も終盤になった頃。(時刻は、大体8時頃)

ピーンポーンピーンポーン

インターフォンが鳴った。

俺は、マンションの6階に住んでいるため、チャイムを鳴らすには、俺の家の前まで来ないと行けない仕組みだったのだ。

俺は、どうしたらいいのか分からず、慌てずにいると、上司が一言…『零月、行ってこい。』

と言ったので、俺は『失礼します』とリモートを切り、玄関に向かった。

 

〜走り込んだ先〜《俺 Tubasa視点》

f:id:Miruk:20210420184348j:image

Sakuto/朔斗『Tubasa?一体、どうしたんだ?』

俺が、扉を開けるとSakutoが驚いた表情で立っていた。

そりゃあ、当然か。理由を知らないんだから。

俺は、言葉を発するが…声があまりの事で、出せない。

Sakuto/朔斗『…んまぁ、中入れよ。』

Sakutoは、何かに察したのか、俺を部屋の中に入れてくれた。

 

〜俺が慌てる理由〜《Tubasa視点》

f:id:Miruk:20210420185336j:image

Sakuto/朔斗『聞いてやるから、ゆっくり話してみ?Tubasaの考えがまとまってからでいいから。』

Sakutoは、そう優しく言ってくれた。

俺は、頭の中で整理してSakutoに話すことにした。

Tubasa/翼颯『…王様ゲームって覚えてる?』

俺はそのままを伝えるか、要点を伝えるかで悩んだ。そして、結論は…そのままを伝えることになった。

王様ゲーム___とは、俺とSakutoが高校1年の時に、体験した思い出したくない思い出___

Sakuto/朔斗『…その話、あとできいてもいいか?』

Sakutoは呟いた。たしかに、この場で言うのは間違いだったかも知れない。

Tubasa/翼颯『あぁ…悪ぃ。』

結局、この話はあとですることにした。

 

〜泊まりの提案は大成功〜《Tubasa視点》

f:id:Miruk:20210420190626j:image

Tubasa/翼颯『そういえば、少しの間…泊まっていいか?さっきの事について、少し聞きたくて…』

Sakutoは、少し考えてこう言った。

Sakuto/朔斗『…あぁ、全然いいぞ。隠してても、無駄だからな。それにしても、久しぶりの来客だからなぁ…( ´꒳` )

久しぶりに、頑張って料理するぜ!』

とりあえず、許可が出たので一安心した俺。

Sakutoが淹れてくれた珈琲を1口飲む。

久しぶりに飲む珈琲は、苦かった。(最近は、ワインや麦酒ぐらいしか飲んでなかったからかな?)

そして、俺達は軽く食事を済ませたあと、過去について振り返ることにした___

※次から、過去についてをまとめています。苦手な方は、ここで見ることをやめてください。m(._.)m

それでは…俺とSakutoの過去をどうぞ。

 

〜急に変わった日常〜《Sakuto視点》

f:id:Miruk:20210422163646j:image

これは、俺とTubasaが高校1年生の時。

ある日を境にして、クラスメイト___ブーケが来なくなった。

学校側や、俺達は『いじめ』の可能性を考えたのだが、それは見事に違っていた。

自殺でもない…一体なんなのか?

俺達は、全くの検討が付かなく、その事件はお蔵入りになってしまった。

グルミン『ブーケちゃん…。゚∵・(ノД`)∵゚。

また一緒に、遊ぼうねって言ったばっかりだったのにっ…なんでっ…』

グルミンと言う少女は、今回の事件の被害者__ブーケと、大の親友だった。

フランソワ『い、一体…何があったのかしら…?( 。>﹏<。)』

学校側曰く、『自殺』をしたのではないかと、捜査を進めている…だそうだ。

 

〜学校報告〜《Sakuto視点》

f:id:Miruk:20210422163651j:image

アポロ『…はぁ…ブーケは、今日も欠席か。

お前達、何か知らないか?』

アポロ先生は、ため息を付いて出席簿を閉じる。

そして、今日__また悪夢の時間が始まってしまう。

ピロンッ…ピーンポン…ラインッ…

多分、王様ゲームの命令内容だろう。

携帯の通知音が鳴る。(なんか、1つ違う音が聞こえてきたけど…)

アポロ『スマホはいじってもいいけど、ちゃんとマナーモードにするようになー。あと、授業中はいじらないこと。それじゃあ、授業頑張ってくぞー』

それだけ言うと、アポロ先生は教室を出ていった__

それから、俺達は昼休みまで集中して授業を受けることが出来た。

 

〜王様から届いたメール内容〜《Sakuto視点》

f:id:Miruk:20210422163703j:image

〈命令1 クラス全員で、風神翼颯とクリスチーヌで人気投票を行え。〉

投票数を多く獲得した者は、罰ゲームを回避することができる。なお、投票数が少なかったものに罰を与える。罰は"首切り自殺"

チャス『お、おい…早速、Tubasaが標的にされてるぞ…:(´◦ω◦`):』

フランソワ『それを言うなら、クリスチーヌも標的にされてるわよ…:(´◦ω◦`):

しかも、人気投票って何よっ…』

キャラメル『と、投票って…いつ頃、行えばいいのでしょうか…』

ジャック『…昼休みは数分しかないし、放課後まで…投票を考えた方がいいんじゃないかな。

簡単に言えば…今は、顧客集め…みたいな?』

ジャックの言っていることは、具体的過ぎて全く分からないが…とりあえず、Tubasaかクリスチーヌのどちらかを選ぶしかない。

 

〜2人の意志〜《Tubasa視点》

f:id:Miruk:20210422174934j:image

Sakuto/朔斗『…んで、Tubasaとクリスチーヌはどうするんだ?2人が、この投票をするって言うのなら、俺達は止めない。

なんせ、こっちも命が掛かってるからな。』

Sakutoはそう言った。たしかに、俺達の命は俺達自信が握っている___と、伝えたいのだろう。…いいさ、やってやろうじゃないか。

Tubasa/翼颯『…いいぜ。俺は、この人気投票を行うことを決める。死にたくないからな。』

俺は、覚悟を決めた。遊びではなく、本当のこと。俺は、強い意志を固めた。

クリスチーヌ『アタイもやるもんっ…ブーケちゃんの仇を取ってみせるっ…!』

どうやら、俺とクリスチーヌは意志を固めたようだ。

シベリア『…んで、いつ頃投票するんだ?』

ジャック『さっきも言ったけど…放課後の方が、いいと思う。

みんな投票しないと、僕達まで罰を受けてしまう。それに___』

ジャックは俯き、表情を固める。

俺からだとあまり見えないが、恐らく涙を堪えていると予想した___

 

〜投票数を多くするために〜《Tubasa視点》

f:id:Miruk:20210422174941j:image

5限目の休み時間。

俺のところに、Sakuto・シベリア・チャスがやって来た。

実はこの3人を信じていた。

なぜなら、高校に入ってすぐに仲良くなった人達だったから。

Sakuto/朔斗『Tubasa、俺達を信じていてくれ。俺は、必ず投票する。』

シベリア『それを言うなら、俺もだな!(๑•ㅂ•)و✧

大切な仲間を見捨てるワケにはいかねぇ!』

俺は、涙が流れそうになる。

チャス『オイラもだ!転校して、すぐに話しかけてきてくれた友達を見捨てたくないんだっ…!』←チャスは、転校生の設定(高校1年の夏休み頃に転校してきた)

Tubasa/翼颯『…俺は、信じてる。

3人が、俺に投票することに。そして、必ず…この王様ゲームに生還してみせるっ__』

そう、心に誓ったのであった。

 

〜女子メンバーも必死に…〜《Tubasa視点》

f:id:Miruk:20210422174951j:image

クリスチーヌ『みんなっ、お願いっ…アタイに投票してっ!アタイまだ死にたくないっ…!』

俺ともう1人の指定者___クリスチーヌも、負けずと投票数を多くしようと必死だった。

ジャック『もちろん、僕はクリスチーヌくんに投票するよ。女性の君には、残って欲しいからね。』

男子よりも、女子思いなジャックと仲良くしている女子はクリスチーヌに票を入れるようだ。

キャラメル『私も、もちろんクリスチーヌさんに票を入れます。女子メンバーが減るのは本当に心残りになってしまうので…』

グルミン『アタイも入れるっ…これ以上は嫌っ…!』

こっちもこっちで、意思が固まっているようだ。

 

〜ただ1人 考えのまとまらない___〜《Sakuto視点》

f:id:Miruk:20210422175003j:image

フランソワ『妹を救うか、Tubasaくんを救うか…どうしよう。決まらない…』

俺達の後ろで、ただ1人___フランソワが、意見を固めずに悩んでいた。

どっちかを助けるかで、今後の状況(物語)が変わる。

確率は、2分の1___そして、フランソワは自席を離れる。

フランソワ『…決めたわ。』

そう、言った___

 

〜ついに結果発表〜《Sakuto視点》

f:id:Miruk:20210422205013j:image

キャラメル『それでは、投票結果を発表しますね。』

投票結果は、書記のキャラメルが読み上げることになった。

一体、フランソワがどっちに入れたか…

Tubasaかクリスチーヌのどちらかが死ぬ。なんで、それで分かる…だって?

…ははっ。それは、簡単な事だ。

俺達___現在、この教室には9名の生徒。

つまり、Tubasaに4票・クリスチーヌに4票入れたとしても、奇数の生徒ではかなりの差が出てしまう___そういうことだ。

キャラメルは、箱に手を入れ紙を開封させていく。

キャラメル『クリスチーヌさん、Tubasaさん、Tubasaさん、クリスチーヌさん、Tubasaさん、Tubasaさん、クリスチーヌさん、クリスチーヌさん、Tubasaさん。』

そして、ものすごい速さで綺麗な字をノートに書いていく。

若干の差であったけど、Tubasaの方が多かったような気がする。

キャラメル『…発表します。Tubasaさん…5票。クリスチーヌさん…4票。』

まさかの1票差だった。

あぶねぇ…まじでギリギリすぎた…

すると、全員のスマホに通知が来た。

 

〜投票結果〜《Sakuto視点》

f:id:Miruk:20210423061245j:image

〈結果:風神翼颯が、この投票を制した。よって、票の少ないクリスチーヌに罰を与える。END〉

キャラメル『…以上で、投票を終わりにします。』

キャラメルは、丁寧に投票箱を潰し始めた。ダンボールで作った小さな箱だったから)

Tubasa/翼颯『か、間一髪だったけど…なんとか…勝てたのか?』

どうやら、勝てたようだった。

…でも、勝てた気がしない。…一体、それは何故?

クリスチーヌ『なんで…っ…なんで、アタイが…?この価値があるアタイがなんでっ…?』

クリスチーヌは、ひたすら呪文の様にそう言っていた。時には、発狂して泣き叫んでいた。

それから先の記憶は、全く覚えていない___

《Sakuto&Tubasaの過去 END》

 

〜過去を振り返って〜《Tubasa視点》

f:id:Miruk:20210505113459j:image

そして俺は俯き、何かを考える。

この1週間、短くて長く感じた。

そしてこの1週間で、最初の犠牲者___ブーケを含め、8人がこの世を去った。

葬儀の時、クリスチーヌとフランソワの残った子供達、ひたすらに泣いてたよな。

そして、他のクラスメイトの親も。

何があったのか分からず、親を残して子供は死んでいく___

親は、そんな気持ちで思いを繋いでいくしかない。…それが、本当に辛かったと思う。

あのあと、俺とSakutoは夕食を食べて部屋に戻ることにした。

ちなみに俺は、Sakutoの兄が使っていた部屋を提供した。(Sakuto曰く、片付けが苦手らしいから代わりにして欲しいと…)

 

〜部屋に戻って〜《Tubasa視点》

f:id:Miruk:20210425073509j:image

Tubasa/翼颯『…もう、戻れないんだよな。』

現在の時刻は、深夜を回っていた。

俺は、眠れずに1人___テレビの電源を付けて、深夜番組を眺めていた。

現実に向かって、前に行くことは出来るが、過去に戻ることは出来ない。

王様ゲームで失った仲間を、元に戻すことも出来ないのだ。

もちろん、今回体験した出来事も…

そんなことを考えていた。

ピロリンッ…

俺のスマホが鳴る。…この通知音は、メールか?

…いや、そもそもこの時間には誰とも連絡はしてないはずだ。…それじゃあ、これは一体…?

ちなみに、王様ゲームが終わって以来、俺はメールアプリを触っていなかった。

一体、なんだろう…とメールアプリを開く。

 

王様ゲームの再挑戦?〜《Tubasa視点》

f:id:Miruk:20210424202350j:image

メール画面ですみません…m(._.)m

俺は、驚いて声を上げそうになった。

…たしか、Sakutoの家ってマンションだったっけ。下手に大声を出したら、迷惑になっちまう…

Tubasa/翼颯『…これ、どういうことだよ…

なんで、まだメールが届くんだ…:(´◦ω◦`):』

俺は、怖くなった。

…もう、あの時の日は断ち切っている。

それなのに何故?

また、あの辛い日々を体験するのか?

Tubasa/翼颯『今夜は、寝られなさそうだな…』

俺は1人___また、一言と呟いていた。

そして王様の正体は、未だに謎のままであった___

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ってことで、俺 影猫と風猫 Tubasaの合作は以上だ。今回は、第1弾と比べたら『長編』になってしまい、申し訳ありません…m(._.)m

小説バージョンや、ドラマを見ながら再現したので、かなりの長編になりました…(´・ω・`)

それでは、最後にTubasaからの一言。

風猫/Tubasa『今回は、Sakutoと初の合作を作ってみました。個人的には、とても満足できる合作作品が出来たと思います。(ㅅ´∀`*)』

第3弾は、SuzuとMaiの予定だ。

それでは、長らくご閲覧ありがとうございました。m(._.)m

◇◆◇◆影猫/Sakuto&風猫/Tubasa◇◆◇◆